生物資源科の目標と特色

目  標
  • 資源生物を通し、心豊かな人間を育てる。
  • 個性を伸ばして、社会の変化に対応し得る産業人を育てる。
  • 農業及び環境への良き理解者を育てる。
特  色 
  • 資源生物の保護・保存や生産などを学習します。
  • 実験実習を中心にした学習により、科学的な観察力を養います。
  • 選考学習によりきめ細かい指導を行います。
  • バイオ・コンピュータなど先端技術教育を取り入れた幅広い学習を行います。
  • 多様な体験活動を経験することにより、問題解決能力やコミュニケーション能力や調和のとれた豊かな人間性、社会性を身につけることなどをねらいとしている。
 

主な学習内容


生物資源科で行っている実習を紹介します。
 
1年 農業と環境
 
1年 農業と環境
 
1年 植物バイオ
 
1年 農業情報処理
 
2年 総合実習(栽培)
 
2年 総合実習(飼育)



2年 生物活用(植物)



2年 生物活用(動物)

 
3年 栽培技術(栽培)
 
3年 栽培技術(草花)
 
3年 飼育技術
 
3年 課題研究
 
 

取得可能な資格・検定と合格実績


取得可能な資格・検定

危険物取扱者

パソコン検定

農業技術検定

小型車輌系建設機械

フォークリフト

大型特殊免許(農耕車限定)

商業簿記

ガス溶接技能講習

アーク溶接技能講習

農業クラブ
(農業簿記・測量・農業機械) 

色彩検定

 
  平成26年度 合格実績 
  • パソコン検定3級・・・・・・・・・・7名
  • パソコン検定4級・・・・・・・・・・1名
  • 小型車輌系建設機械・・・・・17名
  • フォークリフト・・・・・・・・・・・・22名
  • 簿記検定3級・・・・・・・・・・・・・2名
  • 農業技術検定3級・・・・・・・・・8名


 

その他の活動・実績


生物資源科では高校生体験活動総合推進事業の一環として、ふれあい体験を推進しています。また、環境教育研究校の指定を受け、公共施設等で学習の成果を展示・発表しています。

 
ふれあい体験
 
ふれあい授業(栽培)
 
本庄市役所にて
希少植物保護活動の紹介
 
本校で生育する
礼文アツモリソウ