アクセス数

訪問者462679
2011年4月8日より

児玉白楊高校からのお知らせ

 学校から緊急の連絡はありません。

 

新着情報

 
白楊だより
12345
2017/07/19new

全校集会

Tweet ThisSend to Facebook | by:白楊高校職員54
全校集会
 教務主任
はじめに、教務主任の永沼先生より、第1回学校評価懇話会の委員からのご意見として、『あいさつ』は、『コミュニケーションの第一歩』であり、自分から『最初』に出来るよう心掛けるようにと、全校生徒に『あいさつ』についてお話しがありました。そして、今学期は落ち着いた雰囲気で高校生活が送れていた事など、以下の内容についてお話しがありました。
・『夢について』  :夢を持っていますか?叶えるために、今 何が出来るのか?夢に向かって努力する事が重要である事。
・『朝学習について』:朝学習に『打ち込む気持ち』が重要である事、『打ち込む気持ち』で結果が変わる事。
          :『普通に生活出来る事』と『学校で学べる環境がある事』への『感謝』の気持ちが必要である事。
・『成績について』 :昨年度より、『成績上位者』が増えている事。
          :『良い結果がでた生徒』は、『継続』して頑張って欲しい事。
          :『悪い結果がでた生徒』は、『夏休みの補習・補講』で自分の『弱点を強化』する事。
 生徒指導部主任
生徒指導主任の山﨑先生より、『日頃の生活について』『夏休みの過ごし方について』お話しがありました。
そして以下の内容についてお話しがありました。
・『スマートフォンについて』:SNSに誹謗中傷などの自分の意見や感想を書き込むものではない事。
              :睡眠障害・うつ病などの発症の原因になるため使用時間も3時間を超えない事。
・『薬物について』     :若者の25%が薬物をさそわれる事。見た目で誘われるため、『服装・頭髪』を
               整えるため、学校では服装・頭髪の指導をしている事。
・『交通事故について』   :余裕を持って登校する事。自分だけは『大丈夫』という考えを持たない事。
・『命について』      :太平洋戦争の沖縄でのお話しがありました。
               ガマ(防空壕)で赤ん坊を守るために、そのガマに逃げた全ての大人が『命』をかけて
               守った話。

 表彰
 一学期の表彰:校内漢字大会 最優秀賞3名(99点)
       :農業クラブ 農業鑑定県大会 最優秀賞2名      
       :      意見発表県大会 努力賞3名
       :科目 芸術(書道)埼玉県硬筆中央展覧会 優良賞
       :情報処理検定 2級 合格

     

      整列の様子          教務主任(永沼先生)     生徒指導部主任(山﨑先生)        表彰の様子      
12:41
2017/07/18new

生徒指導講演会

Tweet ThisSend to Facebook | by:白楊高校職員32
■ソチパラリンピック 金メダリスト 鈴木猛史様による講演

 アルペンスキーヤー 鈴木猛史様(パラリンピック 金メダリスト)をお招きして、生徒指導講演会をおこないました。
 両足を失った交通事故の様子、周囲の人たちの支援、競技の魅力とそして難しさについてお話いただきました。
お話の中で、「交通事故に遭った自分を、友人や学校の先生、ご家族の方が特別扱いをしなかった。私はかわいそうではない。当たり前に生きている。あの時、人間として見てくれた周囲の人があったからこそ頑張れた。今でも感謝しています。」と話されました。
 最後に本校生徒へのメッセージとして、「失敗を恐れずに挑戦してほしい。もし失敗しても次に生かせば良いこと。」とメッセージをいただきました。
 暑さも忘れ、感動する講演会となりました。鈴木猛史選手の活躍をお祈りしています。
  
14:28
2017/07/18new

避難訓練を行いました

Tweet ThisSend to Facebook | by:白楊高校職員32
■避難訓練を行いました

 1,2時間目を使って避難訓練を行いました。生徒の皆さんは落ち着いて避難することができました。
グランドに避難した生徒に対して児玉消防本部の方から「落ち着いて避難ができた」と講評をいただきました。そして「自分の身は自分で守る」と教えていただきました。
 周囲の状況に応じて、自らの命を守り抜く「主体的に行動する態度」を身につけてほしいと思います。生徒の皆さん!暑い中、お疲れ様でした。

  
13:28
2017/07/14

自転車交通安全教室を行いました

Tweet ThisSend to Facebook | by:白楊高校職員32

■自転車交通安全教室を行いました

JA共済様のご協力を得て、本校グランドを会場に自転車交通安全教室を行いました。安全教室では、交通事故の危険性を疑似体験させるスケアード・ストレイト教育技法を通じて、安全な自転車の利用について改めて確認しました。本校の通学方法は88.8%(H29年度調べ)の生徒が自転車を交通手段としています。一人の生徒も交通事故に遭ってほしくないし、絶対に事故を起こしてはいけないと思います。
今回のスタントマンによる、危険な交通事故の再現から、多くのことを学ぶことができたと思います。安全運転でお願いします。

そして、自転車交通安全教室の開催にあたりまして、JA共済連埼玉の皆様、埼玉ひびきの農業協同組合の皆様から多大なるご協力をいただきましたことを感謝申し上げます。


  


14:28
2017/07/12

訪問型 ふれあい体験

Tweet ThisSend to Facebook | by:白楊高校職員2

私たち生物資源科では、アスピア児玉にて、2歳児の幼児さんを中心とした動物「ふれあい体験」を開催しまた。梅雨にもかかわらず、気温は真夏日となり、厳しい状況でしたが、前日からテント・機材の準備をしっかりと行い当日に臨みました。
多くの親子に来ていただき大盛況のうちに「ふれあい体験」を終えることができました。
自然とのふれあいの機会をとおして、想像力や創造性の基盤として、豊かな「感受性」を育むこと、この「感受性」は、幼少期に感動や時間の流れを感じとる心の働き、生命のつながりの中で生きていることを「体験」することが特に重要と言われています。
本校の生徒もこの交流を通じ、さまざまな事柄を学んでおります。
ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。


  
14:55
12345
埼玉県立児玉白楊高等学校 TEL 0495-72ー1566 FAX 0495-73-1011